2007年08月08日

カイルア・コナは怖い?

着いてすぐのカイルア・コナ散策はドキドキだった。
ど〜いったドキドキか!

IMG_9508s.jpg

IMG_9509s.jpg


それは単純、昨日までいたカアナパリと比べると町が賑わっていたのだ。

ん〜なんて例えたらいいだろう。

例えるなら善人だらけのファミリーテニス合宿の軽井沢からいきなり渋谷の街に放り出された感じ…?

そんな品行方正なカアナパリの無菌、な感じから、地元民、観光客、路上スケボー少年、そして港みたいな感じに戸惑ったというのが正直なところである。

IMG_9483s.jpg


しか〜し、しかし歩くこと15分、まあそんな歩けば、はしからはしまで歩けてしまうカイルアコナは、よーく考えてみれば私の地元、静岡県浜松とくらべてもよ〜っぽどローカル、つまり、イナカ。

ほんわかした海ぞいの道にみんな集まってうれしそうにしているだけだ、と気づいたのである。

IMG_9624s.jpg

IMG_7185s.jpg



単純に、カアナパリの夜の静けさに慣れていた私が、少し賑やかなカイルア・コナの雰囲気になじめなかっただけで、地元、浜松の夜、ワイキキの夜、ましてや東京カブキ町の夜なんかとくらべたら、田舎町のメインストリート、兄ちゃんカーステひびかせて走ってるといった牧歌的な愛しさまで感じてしまった。

IMG_9626s.jpg

IMG_9484s.jpg




ゴチャっとした湾の中に、たった400〜300mほどの繁華街。

港にはダイビングやつりの船。

IMG_9483s.jpg

IMG_9504s.jpg



それらをながめて、テラスからビールを飲む人と、こんなに人がいるのにあくまで青い青い海。

IMG_9621s.jpg

IMG_9618s.jpg



ABCマートやお土産やさんがならぶ町の中で、私が目を輝かせて飛び込んだのは、キングカメハメハモールの中の中国人シェフのいるという、チャイニーズであった。

IMG_9499s.jpg

IMG_9511s.jpg



おなか一杯になった今、今夜は時差を忘れて眠れそうだと一人安心しているのである。

なにせ今日は飛行機の中で10分、ホテルで20分くらいしか昼寝、ウトウトしてないのだ。

こうしている今、通りでパトカーの音が鳴り響く。

やはり外国、夜の女性の一人歩きとかは絶対やめようね。

IMG_9508s.jpg

IMG_9631s.jpg

IMG_9632s.jpg




このレポートは、海外挙式手配、親切チャキチャキお世話大切、現地取材至上主義のプライムウェディングの取材で感じたハワイ離島の現地取材での、アロハ・ナカヤマの個人的感想をまとめたレポートです。ハワイ離島への旅行やハワイでのウエディングをお考えの方への参考になれば幸いです。

ホノルルだけでなく、驚きと、各島によってとっても新鮮な感動をくれるハワイの各島、そしてそこに住む、温かで個性的で、面白くて元気な私を支えてくれたいい人たちに、心からありがとう、マハロ!(『マハロ』はハワイ語で『ありがとう』の意味)レポート by アロハ・ナカヤマ

ご質問等あればぜひコチラからお問い合わせ下さい。お問い合わせ頂いた方にはメール・お電話等でスタッフが親切にお答えさせて頂きます。)
img-honsya.jpg
posted by プライム at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 ハワイ離島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50697085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。